2015.3.22(sun)

杢目金の地金 その後

地金づくり その2 の続き

IMG_1368.JPG

4枚作った杢目金の地金のうち 一番大きい地金のその後です

水指を作ります

 

IMG_1372.JPG

まず金床の上で 裏側から金槌で叩きます

 

叩くと金属は延びます 

ひたすら叩くとその延びた分だけ だんだんと膨らんできます

こうして板厚を薄くすると同時に 鉢状に形を成形していきます

 

1.6mmほどの厚さのものを 1mm程に打ち延ばします

縁のところは口の部分になりますので 厚みをもたせるため 打ち延ばしません

 

IMG_1375.JPG

ダイヤルキャリパーで板厚を確認しながら叩いてゆき 目的の厚みになったら

当て金にあてて 外側から叩き 絞って形を作っていきます 

 

 

IMG_1378.JPG

全体を叩くと地金が硬くなりますので バーナーで熱して「焼きなまし」をします

そして柔らかくなったものを また叩きます

これを数十回繰り返します

 

IMG_1381

だいたい目的の形ができたら 均し打ちをして表面の凹凸をなくし 滑らかにします

 

底から側面にかけては 1mm程の厚みですが

口辺の部分は地金を寄せているため 約2.3mm程の厚みがあります

そのためしっかりとしていて 見た目に重厚感はありますが 持ってみると軽いというわけです

 

その後 

表面を研磨 
   ↓

もう一度叩いてテクスチャーを整える 
   ↓ 

エッチング
   ↓ 

色上げ

 

そして銀の蓋をつけて完成です

 

 sako 01
杢目金腐蝕水指 2015 銀、銅、黒味銅 19.8×19.8×15.3   

 

 

最後の方の工程  かなりはしょりましたね。。

 

 

シェアするShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest
blog